スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3rd album 「カテナの銀環」


今回は・・・前作2ndCD『Elminada -赫触の魔女-』で頑張りすぎたせいかやりたいことが思いつかず燃え尽きたままの状態だったので音的にも制作的にも少し違うアプローチをしてみました。
前回までは明確にRock/Metalとして割とストレートな編曲をしていましたが、今回はデジタルな音色も多めにしてドラムもそこまでバンドっぽさを重視せずに作ってます。
曲自体はいつものGILDIA節になってると思うのでそんなに違和感というほどでは無いと思いますが他のアルバムと比べると少し毛色の違う作品になったかなと思います。


<曲について>

1.The six sage

前作と同様インストトラックからのスタートです。
2ndAlbumではお城をイメージした上品な曲でしたが、今回は幕開けをイメージさせるような暗い雰囲気の曲にしました。相変わらずericaさんが語り録りを嫌がったんですが、いやまぁ無いなら無いでも良かった気がするんですけど、羞恥プレイはGILDIAには必要不可欠だという事をアピールするために入れました。これからもそんな場面がちょいちょい出てくると思います。


2.Marionette Monologue 

今まで編曲は全てSHIKIがやってきたんですがこの曲は実験的にスーパーコンポーザーnaotyu-くんに編曲をお願いしました。流石に他の曲と出来が違いますねぇ。ギター以外の楽器の使い方や差し込み方が上手く、それでいてギターも目立っていて何やったらこんなに上手くまとまるんだろうと今でも意味が分かりません。悔しい。
最初に元曲を渡して返ってきたとき、BPMが30ぐらい下がってて(遅っ!)と思ったんですが、今になってみると絶対こっちの方がいいですね。
編曲が外注ということも併せてGILDIAの中でも特に異質な曲ですが自分は大好きな曲の1つです。

3.paranoid queen

シャッフル+V系って親和性が高いのか作りやすいのか知りませんが良く耳にするんですが、この曲はシャッフルリズムでサビだけシャッフルじゃなくなるという良く分からない構成の曲・・・。いやまぁそれだけ色々混迷してたんですよね。けど迷走してるわりには勢いあって割と人気がある曲です。サビの3和音ハモリとか綺麗に出来てるんじゃないかなと思います。

4.アドニスの贖罪 

2ndAlbum『リリスの心室』っぽいゴシックな雰囲気な曲をもう1回と思って作りました。サビは結構良く出来たかなと思うんですが、それ以外が思いつかなくて思いつかなくて。根本的にゴシックな曲の引き出しが無いので苦労するんですよね・・・。研究対象がアリプロしか思い付かないというような貧困さです。
一応『リリスの心室』っぽい、というのは達成出来たかなと思うんですけどね。もう少しフックが効いてないなぁと自分でも思います。

5.アジテートスフィア 

1st以来久しぶりのamyuさん作曲SHIKI編曲。
最初amyuさんから送られてきた元曲聞いて「うわダセェ」と正直思ったんですが、けどメタルにダサイって要素はある程度必用なんですよ。ということで折角なのである程度ダサさとか押し出して作ってみました。すごいアマチュア感だなぁと思う出来なんですが、けどやっぱりこういう曲って分かりやすい良さがあるんですよね。こういう事書くと怒られるかもしれませんがサンホラとか洋メタルも結構ダサいけどカッコいいっていうのがあると思うので。けど自分ではなかなかこういう曲作れないなぁ。

6.Little prologue

Little prologue=小さな序幕。3rd最後の曲だけど次の始まりへ向かう曲。他の曲は全部暗めイメージの曲なんですが、この曲だけ思いっきりポップです。次への希望の意味を込めて。ストレートで個人的には好きな曲です。ボーカルのハモりなんかも綺麗に出て気に入ってます。ノリの良い曲なので是非ライブでもやってみたいですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GILDIA

Author:GILDIA
GILDIA official site
http://gildia.jp/

音楽サークルGILDIAのオフィシャルブログです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。