スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C88『Un-Holy Birth / 蝶と屍』

カメラマンから写真届いたらライブレポ書こうと思ってたら届かないまま1ヶ月経ってました。
カメラマンさん、見てたら写真ください。

さて、2015/08/16開催の夏コミC883日目西”も”-25a にてGILDIA6thsingle『Un-Holy Birth / 蝶と屍』発売になります。

・『Un-Holy Birth / 蝶と屍』特設サイト

gildia6ths_b_banner.jpg

シングルは去年夏以来ですね。思ったより久し振りだな。

ゆっきーからイラストの内容聞かずに特に何も考えず曲作ってたら届いたイラストが想像の20倍ぐらいハードだったので(どうしようそんなに地獄っぽい曲じゃないぞ)と狼狽して、2曲目用に作った曲の方が地獄っぽいかな曲順どうしようと大分悩みました。

結局何回か完成した曲聴いてたらやっぱりこっちが1曲目だよなぁということで1曲目『Un-Holy Birth』になりましたが、そんな経緯もあってシングルとしては表題曲『『Un-Holy Birth / 蝶と屍』という扱いになりました。


・1曲目『Un-Holy Birth』

今までにシングルは全部ヴィジュアルロック系な感じだったんですが、今回はシングルとしては初めてメタル的な疾走ドラムをベースにした曲を作ろうと思って制作しました。疾走ドラムといっても『純血のレオライザ』とか『ネクロフィリアの剣』みたいなアホみたいに速い曲じゃなくてぶっちゃけ少◯病ぐらいの速さを意識して作りました。

今回は全面的にギターをライブでギター弾いてもらってる煉さんにお願いしました。
本人としては聞き所はBメロだそうです。オレはV系丸出しのAメロのアルペジオも好きです。ギターソロもSHIKIギターではやらない(やれない)ような速弾きを披露しているので是非聴いてみてください。


・2曲目『蝶と屍』

GILDIAっぽくないイントロから始まって、GILDIAっぽくない笛の音が響き渡り、GILDIAっぽいサビで終わるこれまでに無いと思わせつつこれまで通りの変な曲です。

ケルト要素使ったのは本当に久し振り2ndAlbum収録の『Desart Fantasy』以来かな?
GILDIA初期は幅を持たせるために意識してケルトっぽいの作ろうとしてたんですが、GILDIAはケルトじゃないなと気付いてしばらくぶりになりました。
結局一回りしてまたケルトに戻ってきたわけですが、年を経て上手くケルトとGILDIAが融合出来たんじゃないかなと思います。


サイトトップの方にも書いてますがC88では以下の品販売します1点100円お一人様一種一点まで。

・C83 special CD
・3rd oneman live SpecialSingle
・GILDIAピックストラップ

すいません購入予定の方は出来るだけ100円玉用意してきて頂けますようお願いします。
いずれも数量はそんなにありませんので売り切れの際はご容赦ください。

それでは暑い最中になりそうですが夏コミよろしくお願いします。熱中症対策はしっかりしてきてくださいね(←昔コミケで熱中症で鼻血出してぶっ倒れた)
スポンサーサイト
プロフィール

GILDIA

Author:GILDIA
GILDIA official site
http://gildia.jp/

音楽サークルGILDIAのオフィシャルブログです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。