スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Happy Valentine ☆ヾ(*≧∀≦*)ノ

皆様こんにちは、ericaです!
今日は2月14日ということで…

C81にて猫の福音様とコラボさせていただきました
特典CDを全曲公開させていただきます!
ささやかですがバレンタインプレゼントです(*≧m≦*)

=======================================

◆GILDIA×猫の福音 special特典CD

頒布日:2011年12月31日
頒布場所:コミックマーケット81
内容:新譜CD特典【非売品】

≪Track List≫

1.希望ノ在処
2.Lapucelle
3.リリスの心室
4.Masquerade
5.赦しの城
6.missing prayer

DLはこちらからどうぞ↓
http://gildia.jp/box/val2012.zip

「希望ノ在処」歌詞↓
(「missing prayer」の歌詞は上記zipに入っております)
http://xfs.jp/M91Pr

=========================================


当日会場に来られなかった方や遠方の皆様
大変お待たせいたしました!

全6曲の内容ですが、 
猫の福音の歌姫くろねこさんが
GILDIAの「赦しの城」「リリスの心室」を歌ってくださり
私はねこふくさんの「Lapucelle」
Eine Kleineさんの「Masquerade」を
歌わせて頂きました。

くろねこさんの声は非常に艶やかで色気があるので
「リリスの心室」なんかは雰囲気出まくってて
オススメです!ぞわぞわします(笑

私のほうは、今回歌わせていただいた2曲とも
もともとすごく好きな曲で
特に「Lapucelle」にはかなり前から
ラブコールを送ってましたので
今回、こんな機会を頂けてすごく嬉しかったです!

4曲とも、よかったらオリジナル版と比較して
楽しんでみてくださいねっ(ノ≧∇≦)ノ

そして更に2曲、新曲が同梱されてますが
こちらは、くろねこさんとSHIKIさん、
そして朔夜さんと私というシャッフルコラボ楽曲に
なっております。

こちらも、普段の各サークルの楽曲とは一味違った
雰囲気に仕上がっておりますので、
是非聴いてみてくださいね!

ではでは、チョコレートを貰えたメンズも
貰えなかったメンズも、もちろん女子も!

Happy Valentine ☆ヾ(*≧∀≦*)ノ
スポンサーサイト

「Crimeneige -白吟の妖精-」歌詞的ライナーノーツ

皆様こんにちは、ericaです(*≧m≦*)
今日はバレンタイン…2月14日…

ということは、気付けば前回の日記から1月以上も
日記を書いてなかったということで…時が過ぎるのは
本当にはやいです!やばいです!笑

最近は個人ブログのほうで情報を流してますので、
よかったらそっちも可愛がってやってくださいねー。
ほぼ食べログですが…笑

あとはGILDIAのOfficial twitterを稼働させてますので
(こちらは現状イベント前後のアナウンスに活用してます)

http://twitter.com/GILDIA_official

よかったらフォローしてやってくださいヾ(*≧∀≦*)ノ




* * * * * * *


さてさて、そんなこんなで冬コミからはや2ヵ月が経過しそうですが
いつもお世話になってる絵師の狸先生のブログにて
こんな神々しい写真を発見してしまいました…!
(転載許可ありがとうございます!)

neige.jpg

neige2.jpg

なんと、アルバム「Crimeneige」の主役ネージュちゃんのお人形ですっ!
狸先生こんな特技まであるなんてっ…!!

これをちまちま手作りしてる狸先生を想像するだけで
萌え死にそうですが、あんまり言うと今後ご一緒出来る機会を
失いそうなので自重。

紅いリュートも髪飾りも再現率2000%です。
そんな素敵なネージュちゃんに出会える狸先生の
ブログはちなみにこちら↓

http://tanupo.blog.shinobi.jp/

今回の「Crimeneige -白吟の妖精-」でも大変大変お世話になりました!

ということで、狸先生にどーいう風にお世話になったのかを交えつつ
今日はせっかくなので「Crimeneige -白吟の妖精-」の
ライナーノーツを綴ってみたいと思います!ヾ(*≧∀≦*)ノ


◆「Crimeneige -白吟の妖精-」

最初にこのCDの種明かしをしておくと、この作品は
昨年の秋M3で頒布した「ABYSS FLOWER」という
【結論】に至る過程を描いた作品になります。

「ABYSS FLOWER」のジャケットの表紙は褐色肌の女の子、
今回の「Crimeneige -白吟の妖精-」のジャケットは真っ白柔肌系の
女の子ですが、どちらも実はネージュという1人の女の子です。

そして、アルバムタイトルの「Crimeneige -白吟の妖精-」ですが、
「Crimeige」は crime と neige を掛け合わせて作った造語です。

Neigeという少女が、なぜcrime -罪- を冠することになったのか。
『白』い世界で『妖精』は何を『吟』じたのか、
感じて頂けたりなんかすると嬉しいです。

もう設定だけでエターナルフォースブリザードが吹き荒れまくってますね!笑
ここから先は曲の解説ですが、前置きが長くなったのでさらっと!


01.Introduction

アルバムの1曲目恒例、SHIKIさん入魂のインストです。
今回は、特別ゲスト池田奨さんにネージュのセリフを入れて頂いたんですが、
私は聞いた一瞬で、あっネージュさんだ…!
と思いました。
本当に奨さんの声は力があって説得力があって大好きです。


02.Neigeの夜

爽やか切ない出逢いの曲です。
タイトルの「Neigeの夜」は、
「雪の夜」「(名前としての)ネージュの夜」という
両方の意味を込めました。

アルバムのタイトル曲ということで、GILDIA史上初PVをこの曲で
作って頂いたのも素敵な思い出です!


03.Tragic sanctuary

ゲストコンポーザーamyu先生の楽曲ひとつめ。
今回曲順が面白い並べ方になってまして(後ほど説明します)
3曲目なのに物語的には既に終盤という1曲。笑
いつも通りすごいどこどこうるさい曲なんですが、何故だか
ものすごい静寂を感じる曲。間違いなく歌詞のせいですね。


04.Freesia

この曲は時系列だと「ABYSS FLOWER」の後に来る曲です。
個人的裏テーマは500年幽閉された少女。
決して西遊記の猿ではありません。
フリージアの花言葉は色によって異なるそうですが
白はあどけなさ、黄は無邪気、赤は純潔、紫はあこがれ、
淡紫は感受性なんだそうで(by wikipedia先生)
それを知って聴いて頂くと、また違って聞こえるかなぁと思います。

05.Esprit Letter

苦節…そんなに苦節してませんが、GILDIA初のバラード曲です!
バラードって言っていいのか微妙なラインですが、
いつもbpm200前後の死線に居ることを思えばっ\(^o^)/

優しい優しい恋の歌になりました。
自分の中にある女性らしい繊細な感情の部分をかき集めて!笑
燃え立つような灼熱の恋、よりは、雪どけて春に向かいはじめる
目覚めたばかりの季節なイメージ。まだ春ですらないのです。


06.vengeance opera

アルバムには最低1曲は入るのが恒例になってきました
ハイスピードメタル曲。

音楽も疾走しますが、物語もここで急転直下の展開へ。
「Crimeneige」的crimeの謎を解くための大事な1曲です。
何回トライしてもやっぱりメタル系歌唱は難しいのですが
これはこれで非常に楽しいので、今後もトライしていければなーと
思ってます!


07.Noble wind

頒布直後からものすごい反響の大きい曲。
人気度で言えば今回のCDの中ではダントツかもしれません…!

実は、この曲だけ唯一ネージュ視点じゃありません。
フレッシュでキャッチーなメロで辿り着く衝撃のラスト。

ライブでやりたい1曲だなーと思ってますヾ(*≧∀≦*)ノ


08.Abyss Flower

池田奨さんにセリフを入れ直してもらったり、音楽的にもちょこちょこ
変更があったりで、シングルと比べるとパワーアップしてるアルバム版。
この曲が無かったら今回のアルバムは絶対に生まれなかったまさに始まりの1曲。

もっと言うと、実は秋の製作時に狸先生のイラストをじーっと見てた時に、
今回のアルバムのアイディアがぼふっと浮かんできたのです。笑

イラストから着想するっていう、すごく素敵な経験をさせて貰えた1曲になりました
ヾ(*≧∀≦*)ノ


09.夜明けのアポロジィ

ゲストコンポーザーamyu先生作曲の2曲目。
夜明けというか暁闇というか、むしろ明ける前の暗い空なイメージの1曲。

歌詞的には、この曲に関しては中二感より現代感を強めに。
amyuさんの曲にはなぜだか月とか星とか、天体を強く感じる
ことが多いんですが、今回もそんなインスピレーションが
最初に来たので逃げずにぶち込んでみました。

「Tragic sanctuary」とはまた違った切な激しさになった気がしてます。


10.Lost in clown wonderland

この曲が欠けるとCDが完結出来ない大事な1曲。
今回のCDでは「鍵」の役割を果たしてくれる曲になってます。

アルバムの中で時系列バラバラに散らばっている曲たちですが、
この曲の歌詞を手掛かりに並べ直すと、あら不思議。
1つのストーリーが見えてくるという仕掛け。

ちなみに、製作時SHIKIさんに

「この曲のタイトルは、なんとかかんとかわんだーらんどにしてください」

という不思議な発注を受けたためこんなタイトルになりました。笑


11.瓦礫の姫君

今ちょうどこの曲のブームが自分の中で来てます!笑
noble windに続く人気のある曲。

ギターがぎゅいんぎゅいんしてて好きです。
素人くさい感想で大変すみません。笑

聴いてるとそうでもないんですが、歌ってみると意外とパワーの
必要な曲。チョコレートをかじりながら収録に挑みました…!


12.GLOWING COLOR

優しい恋の歌かと思いきや…!?な曲。笑
表裏一体、ってこういう時に使うのかぁと思ったり。
アトラクションっぽいニュアンス。

もしかしたら非常に女性らしい歌詞なのかも知れないなぁとか。
こんな幸せな時期がネージュにもあったのね、と思いながら聴いて
頂けると嬉しいです。




* * * * * * * * * * * * * * * *


と、気付いたらえらい長くなってしまった!笑

音楽面のライナーノーツは気が向いたらSHIKIさんがそのうち
執筆してくれると思います!(丸投げ



万が一、この文章でCDに興味を持って頂けた場合は(笑
現在メロンブックス様とらのあな様あきばおーこく様にて
委託させていただいてますので、よかったら是非!


三寒四温どころか、まだまだ寒い日が続くみたいなので
しっかり風邪もインフルも撃退しちゃいましょうっヾ(*≧∀≦*)ノ

今日はもう一回ブログの更新があるよ!笑
プロフィール

GILDIA

Author:GILDIA
GILDIA official site
http://gildia.jp/

音楽サークルGILDIAのオフィシャルブログです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。