スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタジオにて

こんばんはー!

急に寒くなったね!寒いと言うか涼しいというか!
この間までエアコン使ってたのにもう長袖の季節がやってきて…本当に1年は早い。



というわけで、衣替えしつつも近況としては楽しくお歌を歌っておりまする♪
イベントの前はだだーっと色んな曲と触れ合える機会があって本当に楽しいよ(*≧m≦*)ノシ

そんな中ですが、、、

本日は収録でこの間やらかしてしまった失敗をひとつ聞いていただこうかなと(´・ω・`)



初めて伺ったスタジオでのお話。

そこはブース(あたしががおーっと歌う場所)と、
エンジニアさんがいらっしゃる場所が離れたスタジオだったので
わーい好き勝手に体が伸ばせるー!!

とえっちらおっちら体操をしたり屈伸運動したりしてまして。

そこまではよかったんですが、Y字バランス(笑)をしてた時に
ふっと壁の上の方にあるカメラっぽいものに気付く。




み、みられてるーーーーーーーー!!!(心の中で絶叫)




しかもその日ミニスカで!なんかもう埋まりたくなってスイマセン…(*´;ェ;`*)みたいなカンジで
ブースの向こうの人に謝ったら

「もっと酷いことしてる人いっぱい居るから全然大丈夫だよ!」

と、妙な慰め方をされました!
うーん奥が深いぜ!


あ、ちなみに角度的にぱんつ的なものは露出されなかったと思われます!笑





というカンジの日々を送っておりますが、実はあたくし明日から週末にかけて
ちょっぴり実家に里帰りしてきます。


大切な人と、最後のご挨拶をしてきます。
まだ実感が湧かないんだけどね。

戻ってきたらGILDIAの収録も待ってるので頑張ります!


スポンサーサイト

こだわりの味


いやー秋めいてくるととたんにごはんが美味しくなりますよね!


ごめんなさい年中美味しく食べてます。笑



というわけで本日の美味しいお写真はこちら(*≧m≦*)ノシ


春道ラーメン


新宿にある春道というラーメン屋さんで最近お気に入りなのでございます♪


筆舌に尽くしがたいレベルで美味しいんだけど、営業時間中に行っても空いてないことがあるのが
玉に瑕かな\(^o^)/

なんでも、その日に納得のいくラーメンスープが出来なかった場合はお店をあけないんだって。


そのこだわりが美味しさの秘訣か…と尊敬の眼差し。




だから、運良く食べれる日はホントに至福なのです゚.+:。(*≧∇≦*)゚.+:。





このお店のお陰であたしは一人ラーメンが出来るようになったよ!笑



というわけで、今日の収録もラーメンパワーで乗り切るぜ♪










美味しいものが心を潤すのです



昨日に引き続き、美味しいものの紹介をしてみるなり(`・ω・´)



下北沢ケーキ


泣く子も黙るかぼちゃぷりん゚.+:。(*≧∇≦*)゚.+:。

ericaさん実はかぼちゃ大好き!
かぼちゃのスープもかぼちゃの煮付けもかぼちゃのサラダも!

っていう話を先日SHIKIさんにしたら

「えぇ?(怪訝な顔)」

みたいな反応をされました(´・ω・`)



ナンデー
カボチャオイシイヨー



下北沢ワイン珈琲




そして一緒に頼んだ、、、

これワインじゃないんです(笑)

珈琲なんです(笑)


Elminadaやカテナのデザインをやってくださったcao.先生と下北沢のカフェにてまったり
していたんですが、この珈琲が出てきた瞬間に思わず二人とも携帯に手を伸ばす、、、

そして写メる、、、

という一連の流れ(笑)


お味はすごく美味しかったです。

深煎りだったのでプリンと素敵な相性で、珈琲中毒のericaさんもご満悦♪



そして素敵なカフェ探しは続く(*≧m≦*)ノシ

近況というかケーキを紹介したくて


前回のライナーノーツからすっかり止まったままでしたね。
日本列島は台風直撃ですが皆様の住んでるおうちは大丈夫ですか?(´・ω・`)

秋台風は大きいのが特徴みたいなので、みなさんしっかり対策してくださいね。
転ばぬ先の杖!いい言葉!



というわけで、9月も後半ですがこの間何をしていたかというと


町田ケーキ


こんな可愛いケーキを食べたりしてましたのん。
これは、、、ゆずケーキだったかしら。

お友達の優子さんとまったりお喋りしつつ食べた記憶が(*≧m≦*)


ただ、これの前に食べたパスタがものすごい分量で、このケーキを食べる頃には二人とも

THE 屍\(^o^)/

みたいになってて(笑)



美味しかったので珈琲と一緒に必死で食べました。笑
ケーキは出来たら優雅に食べたいなと思いました!切実に!




というわけで、M3もじわじわ近付いてきてそろそろ収録がデッドヒートしてきてます。

急に寒くなったのでみなさんも体に気をつけてね!(`・ω・´)ノシ








「カテナの銀環」ライナーノーツ


8月さん今までありがとう!ようこそ9月さん!

ということで、月日が過ぎるのは早いですね…もう秋の足音が聞こえて参りました。
そんな中、つい先日「カテナの銀環」のショップ委託も始まりましたこのタイミングで

※委託の詳細はこちらをご覧くださいませ。

今回のライナーノーツのようなものを書かせて頂こうかなと思いますっ!




■新譜「カテナの銀環」について

GILDIAはエターナルフォースブリザードサークル(笑)ということで、1stと2ndは想像の余地を残す程度に物語性を持たせた内容でやってきたのですが、今回はその縛りさえも失くしてしまおう!というコンセプトのもと製作してみました。

なので、額面上カテナちゃんと呼ばれる表紙絵の女の子は居るのですが、1stのヤハル(ヤヴンハールって呼ぶのが長いので身内ではヤハル呼び)や2ndのエルミナーダみたいな、全てにかかわりのある主人公という存在は今回は不在になります。あくまでモチーフとして、すべてを包み込んでくれるのが銀色の髪が象徴的なカテナちゃん、というカンジです。

■楽曲について

01 the six sage

アルバムでは恒例になっております1曲目のインスト(に語りを載せた)曲ですね。
チェロっぽい音が個人的に好きでございます。

タイトルの意味は「6つの賢言」という、一見難しいと見せかけつつ、今回は6曲入りアルバムなのでsixという非常に安易な。

意図的に歌詞カードに台詞は載せてないのですが、割とアルバムを包括的に纏めた台詞になってますのでよかったら是非是非聴きとってやってくださいね。(*≧m≦*)


02 Marionette Monorogue

編曲にnaotyu-さん、ギターにSoh Yoshiokaさんをお迎えしての今回の表題曲。
音楽的には今までとは違ったGILDIAの面が出せたと思うのですが如何でしたでしょうか。

歌に関して言えばいつもよりビブラートの幅を調節して出したり、意識的に表裏にひっくり返す箇所を多くしたりしてますので、そのあたりも聴いて頂ければ嬉しいです。

そして歌詞について…この曲のテーマは「自殺」なんですが、さらっと書いたけどこのテーマ今まで散々作詞してきて初めて扱うものです。

自分の信条で、人は簡単に死なない。って思ってる部分があったり、プラスの感情を表現したいって思ってるのがあったりというのがその理由だったんですが、じゃあ人が自ら死ぬ時ってどういうときだろうってあたしなりに考えて出した答えがこの歌詞になりました。

足掻いて頑張って、最後に諦めた時はきっとすごく優しい気持ちになれるんじゃないかとか。
「君」の存在は救いだったのか諦めや達観を助けただけだったのか。

色んな、日頃自分が考えていることをこねくり回して書いた歌詞になりました。
どうして主人公がこんなエピローグを選んでしまったのか、よかったら歌詞を読んで想像してみてくださいね。


03 paranoid queen

サビが特徴的な曲ですね。
GILDIA初、シャッフル曲になりました。シャッフル大好きなのでもっとやりたいな…!笑

この歌、一見すると非常に熱心な恋愛の歌なんですが裏のテーマは妄想恋愛です。

というのも、歌詞の中に出て来る「貴方」というのは要は主人公の妄想で、迎えに来てくれるはずの「貴方」に懸想してみたり嫉妬してみたりしてる歌になってます。

って書くとすごい病的な感じがしますが、この子は産まれてから妄想だけで生きてきたわけじゃなくて、きっと本当に迎えに来てくれた「貴方」と恋愛を重ねてきた普通の女の子だと思います。しかもそこそこ可愛い(笑)はずだから、多分何人かの人と付き合ったりしてみたんでしょう。

けれど何らかの理由でみんな彼女のもとを去って行く…何度も何度も裏切られた記憶と、願望的な妄想が混在して、架空の「貴方」を想像して幸せに溺れたりしてみるのです。
そういう風に読み解くと、ちょっとこの子が可哀想に思えてきたりしませんか。

そういうテーマだったので、歌唱的には勢い重視でちょっと偏ったような歌い方になったかと思います。この子の寂しさが伝わったらいいなぁと思いながら。


04 アドニスの贖罪

この曲をヒトコトで表すとすれば「悟りの歌」ですね。笑

というわけで、サークルの方向性からすると変化球な歌ですが割と周囲に好評なアドニスの贖罪。1曲前の曲が凹凸の激しい曲だとすると、これは割と均等に力が分散されたような歌い方になったかなぁと思います。

べっこり凹みつつも、結局自分を救うのは自分だし、みたいなニュアンスの歌になりました。
Bメロの「どんな過程も受難と呼ばずに それぞれに意味を与えてゆきましょう」というフレーズがそれを象徴してるかなぁと。

生きていくのって大変だよね!

だけどまぁ、そんな中でも成功があったり恋愛したり感謝があったりで、決して平坦じゃない場所でも「幸せです!」って言ってたら本当にそうなるんじゃないの?みたいなメッセージも込めてます。

台風の後の静かな海のようなイメージかな。
一体この主人公がどんな荒波を経験してこの境地に至ったかは、、、是非妄想してください。笑


05 アジテートスフィア

来ましたメタル系。
この曲はいつもお世話になっているamyu先生作曲ということで特にサビがamyu節炸裂してます。
曲の勢いに負けずに乗るのが大変でした…リズムに乗るぜ…!!←


この曲ではちゃんと恋愛してるよ!妄想じゃないよ!笑
というわけで、今回の中では一番乙女っぽい歌詞になったかなぁと思います。

舞台設定を説明すると、主人公と誰かは同じベッドに寝てるんだけど、主人公からは相手の背中が見えてる状態。恋愛末期にありがちな構図。

関係がちょっとでもズレてしまうとそこから崩すのは簡単でも修復は難しいものですよね。

ただこの主人公は、その背中の主と関係を再構築したいと思っているし、多分まだまだ大好きで。だけど、好きだからこそ伸ばせない手というか、自分の行動によってもっと何かが悪化するんじゃないかみたいな部分に雁字搦め状態でもうやだー…ということで過去に現実逃避。

そういう悶々とした感情を、あえてがしがしのメタルに乗っけてみました。満足。


06 Little prologue

さてアルバムの締めくくりは、これぞGILDIA(と勝手に思っている)爽やかちょい切なロック。

今、自分が伝えたいメッセージをこれでもか!とばかりに詰め込んだ曲になりました。

この曲はみなさんそれぞれの受け取り方で受け取っていただきたいなぁと思ったので、テーマを書くのをやめようかなぁとも思ったのですがそれも不完全な気がしたのでやっぱり書くことにしました。

薄々感づいてる方もいらっしゃるかも知れませんが、モチーフはリストカットになってます。
なので、そんなもので確かめなくても大丈夫ちゃんと生きてるよ!というのが結論です。

世界って不平等だよなぁとか、あ、今自分消えそうって思ってる人に、大丈夫!生きてるよ!ってただ伝えたいがために書いた歌詞になってます。生きることを諦めずにさえいれば、いつか輝くことだってできるんじゃないの?っていう着地点ですね。

主人公は呼びかけてる「君」を通して過去の自分を見てるわけですが、そういうシンクロ感というか、感情の共有みたいなものがこの曲を通してみんなと出来ればいいなぁなんて思ったりもしてました。まぁ難しく言っちゃったけどライブで歌いたい1曲かなということで!



「Marionette Monologue」で失われた流れが「Little prologue」で再生される、そんな願いも込めて世界の連鎖-カテナの銀環-というアルバムになりました。

終わりも始まりも、それは貴方の中にあるものだから選び取るのはあなた自身だというメッセージも込めて。



さてさて、こんなにしっかりと歌詞や内容について語ったのは実は初めてでしたが如何でしたでしょうか。

よかったらご感想などいただけると嬉しいです!!
プロフィール

GILDIA

Author:GILDIA
GILDIA official site
http://gildia.jp/

音楽サークルGILDIAのオフィシャルブログです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。